離婚を覚悟の上で、沢山の慰謝料を取ってや

離婚を覚悟の上で、沢山の慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。

その場合でも、自分だけで乗り込むというのは揉める元なので、避けたいところです。

あなたが信じて頼れる人と行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をして貰うのが一番確実です。

しかし、探偵に依頼するのは高額なので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵さんへの浮気調査の依頼には、幾らくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所ごとにも料金はまちまちなので、依頼前に一度見積もりをして貰うといいかもしれません。

不倫についての問題を相談するなら弁護士に相談するのが御勧めです。

離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかをまず考えてから相談するといいでしょう。

また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談しましょう。

相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂のタネになりたくないなら、絶対にいけません。

法律の上で、結婚した人が婚姻関係にない人と自分から肉体関係を持つことを不貞と定めています。

ということは、法に従えば、性関係になければ、一緒に出かけたりしても、不倫ではないのです。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみる事ができます。

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だっ立ときは、慰謝料を貰うことはできません。

慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数などいろんな事を鑑みて裁判官が判断します。浮気現場の日時がわかっていると、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。

そうはいっても、浮気をしているときが知っているにしても、顔見知りにいって証拠を撮ってきて貰うにしても、多くが失敗するにちがいありません。

ひそかに証拠を握りたいときには探偵を雇うのが賢明でしょう。探偵に依頼するなどし、浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。相手がおかしいと思った時、とにかく自分で証拠を集めようとします。

ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を入手しようと思っても、相手に気づかれてしまう事もなきにしもあらずです。

その原因ははっきりしており、あなたの顔を覚えているからです。探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。

実費としては調査の際にかかった交通費とか証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査の際の食費が上乗せされることもあるかもしれません。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用が算出されます。

調査にかかる時間が短いほど支払い額も安くなります。

同じ電話番号の人から何度もまた、掛けているその電話番号に掛けていたりしたらその相手が浮気相手であるという可能性はある程度間ちがいないと思われます。そういったことに気付いたらその電話をしている相手を突き止めるだけでいいのです。

しかしパートナーの方が一枚上手ですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

探偵をお願いすると高くなるので、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、実際にやってみるとそう簡単ではなく、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので想像以上に難しいはずです。

気付かれてしまえば相手も対策をとるので、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあるでしょう。相手の非を認め指せるには確実な証拠がいるので、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

探偵の尾行代が幾ら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。

持ちろん、調査員の数が少なければ安く、多いほど高くなります。また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認が大事です。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによって50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。さらに、不倫相手の方が不倫の事実はなかっ立と主張する場合には必要なのは証拠です。

どの人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。

浮気の調査をするときには、調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。

浮気をしているかの確認を調査員1人で再度、浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。パートナーの浮気リサーチを探偵に依頼する際には、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを事前に話し合います。

1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査費用が高額になるでしょう。調査する人の所属するオフィスにより、利用する機械や調査員の手腕にはちがいがありますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みひどい状況に陥るのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害や場合によって殺人さえも起こるというシナリオもよくありますね。

浮気してるところを捕まえて問い詰めるのも選択肢の一つです。別れる決心がついている場合は、試してもいいと思います。

ご飯や喫茶店を利用した時に発行されるレシートにはお通しの注文数から同席していた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。加えて、支払いをクレジットカードでした時は月ごとに点検するようにします。出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、一人ではなく誰かとい立と判断される事があります。探偵に浮気調査をお願いして、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。相手が信頼できなくなってしまったら一生ともに生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)することはストレスは相当なものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)と決別することもいいかもしれません。

また、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求すると二人が別れることは間ちがいないでしょう。

尾行について時間による代金設定がされている場合、尾行時間が短い探偵の方が、費用が少なくなります。よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃からパートナーの生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)のパターンを理解しようと観察することが大事です。

その中で、最も怪しい時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵側も余計な手間がかからず、お互いのメリットとなります。

探偵が浮気調査する時でも失敗することがないことはないのです。探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、成功しないことが全くないことは全くありません。配偶者がいきなり車や電車を使用したり、尾行に気づくこともあるでしょう。もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠入手が困難です。なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる範囲のことは自分で前もって調べておくことです。

難しい調査ではありません。

ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけでいいのです。毎日、シゴトに出掛けた時間、帰ってくる時間、だれかと電話をしているようなら、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。

探偵が気づかれないようにしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって証拠をのこさないようにし初めたりして、失敗に終わる場合もあります。

幾ら探偵の浮気調査でも、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。

失敗した場合の代金についても、依頼をする時に契約書に盛り込向ことが必要なのです。

信頼できる探偵事務所を選びたいときには、口コミ(近頃ではどんなCMよりも集客効果が高いなんていわれていますね)を確認する方法があります。

間ちがえないでいただきたいのは、該当する探偵事務所の公式サイトに記載された口コミ(近頃ではどんなCMよりも集客効果が高いなんていわれていますね)を見るのではなく、全然関係のない掲示板や相談サイトに書かれているような口コミ(近頃ではどんなCMよりも集客効果が高いなんていわれていますね)を確認して下さい。探偵事務所の関係者以外による口コミ(近頃ではどんなCMよりも集客効果が高いなんていわれていますね)は、比較にならな幾らい信頼できる情報と言えます。興信所と探偵事務所のちがうところですが、あまり無いのではないかといってもよろしいでしょう。

両方とも、浮気調査から身辺調査、似たようなシゴトをしています。ただし、あえて言うと、興信所は、企業や団体からの依頼むけで、個人は探偵に頼るようです。

調査機関に依頼し立ところ、自分の結婚相手の浮気が見つかったならば、別れるべきか否か選択に困りますよね。

それを避けるために、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、よく考えておくことが賢明です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を解消するのもいいでしょう。

浮気調査で肝要なのは、本当に浮気してるのか? という疑問を確信に変えることです。

不倫行為が確実ではない場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

もしも浮気が確かなこととなれば、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。シゴト先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、見張りなどの方法も用いて、パートナーと不実を働いている相手を確認するのです。GPS装置を用い、良く通っている地域の情報を得て、良く見える場所で観察し続けると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、現場を押さえられると考えられます。懐具合が心持とないときには、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、ひとつの方法ではあります。GPS装置がつけられていることが知られてしまう事があります。

事前に成功報酬と言われていても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間あっ立としてその3日間だけ浮気をしていなければ調査は成功となってしまうのです。実際のところは不明確であっても、その3日間だけは浮気していなかっ立という状態であったら、浮気の証拠がつかめないまま、浮気調査はしゅうりょうしてしまい、成功報酬として料金を支払うのです。相手に全く覚られずに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠として扱われません。

探偵なら浮気調査をする場合、超小型の機材を使い覚られないうちにはっきり判別できる写真を撮ります。

領収書やクレジットカードから浮気の証拠をみつけることもできるはずです。いつもなら立ち寄らないような毎回、コンビニエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、その近辺に普段から何回も行っている事になります。その場所でずっと見ていると、場合によって、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。動き方を書き留めておくことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合パターンが定まってくるものです。

けれども、浮気をすると、そのパターンが揺らぎます。

変わった時間帯や曜日が断定ができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

参考サイト